神永学

さて、ではここでは心霊探偵八雲作者『神永学』について話していこう。

プロフィール

1974年、山梨県南巨摩郡増穂町出身の日本の小説家。
映画監督を目指して、山梨県立白根高等学校を卒業後、日本映画学校に入学。一般企業の人事総務担当として勤務を始め、この頃より小説の執筆を始めている。
仕事の合間に書いた小説を、様々な小児応募するも受賞すること叶わず、記念にと焼くもの原型となった『赤い隻眼』を自費出版するが、これが編集者の目に留まり、2004年10月、同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でプロデビューを果たす。
その後、執筆活動に専念する為に会社を退職する。

夏だよ!心霊名所巡礼…

作品一覧

心霊探偵八雲シリーズ
  • 心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている(2004年10月、文芸社 / 2008年3月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの(2005年3月、文芸社 / 2008年6月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲3 闇の先にある光(2005年7月、文芸社 / 2008年9月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲4 守るべき想い(2005年11月、文芸社 / 2009年2月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲5 つながる想い(2006年3月、文芸社 / 2009年6月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲6 失意の果てに(2006年12月、文芸社 / 2009年10月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆(2007年6月、文芸社 / 2010年9月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲7 魂の行方(2008年2月、文芸社 / 2011年10月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲8 失われた魂(2009年8月、文芸社 / 2012年8月、角川文庫)
  • 心霊探偵八雲9 救いの魂(2012年3月、角川書店)
天命探偵 真田省吾シリーズ
  • タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾―(2008年3月、新潮社 / 2010年8月、新潮文庫)
  • スナイパーズ・アイ―天命探偵 真田省吾2―(2009年4月、新潮社 / 2011年7月、新潮文庫)
  • ファントム・ペイン―天命探偵 真田省吾3―(2010年2月、新潮社 / 2012年7月、新潮文庫)
  • フラッシュ・ポイント-天命探偵 真田省吾4-(2011年6月、新潮社)
怪盗探偵山猫シリーズ
  • 怪盗探偵山猫(2010年2月、角川文庫)
  • 2006年8月に文芸社より刊行された単行本「山猫」を改題
  • 怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス(2013年3月、角川書店)
  • 怪盗探偵山猫 鼠たちの宴(2013年3月、角川書店)
その他
  • 山猫(2006年7月29日発行、文芸社)
  • コンダクター(2008年9月発行、角川書店 / 2010年6月、角川文庫)
  • 確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム(2011年8月発行、角川書店)
  • イノセントブルー 記憶の旅人(2013年1月発行、集英社)
お化け屋敷ベスト3!