ライトノベル

心霊探偵八雲がいったいどんなジャンルに分類されるのかとなると、かなり難しいところではあるがライト述べると呼ぶには内容の残忍さから中々総称しづらい所があるだろう。
ラノベとノベルズとの中間地点、と言ったところだろうか。読者層は若者を中心としている反面、文章としては少しヘビーな感じにしているといった点だろう。

これを読んでいる人の中にはライトノベルというものをよく知らないという人がいてもおかしくないだろう。
ライトノベルとは、簡単に言えば本来考えられているような小説ではなく、読者層として中高生を中心にした、読みやすい文章が書かれた作品、といったところだ。
もちろん文章で書かれているから小説ではあるだろうが、文学的な小説と違い、作品内で小説の一コマを再現する挿絵が多くあり、また文学というよりは漫画に近い設定のものが近年では多い。
最近でこそライトノベル原作のアニメ作品が増えてきたが、10数年前ではまだまだ業界の規模は小さかった。
近年で様々な内容の作品が増加して、それこそ数は100や200はゆうに超えている。
心霊探偵八雲も刊行している角川書店が業界最大手であり、ライトノベル市場としては最大規模とであり、グループ内レーベルとしても有名なのが多数存在している。
ではライトノベルレーベルとしてどんなものがあるか紹介していこう。

夏だよ!心霊名所巡礼…

電撃文庫

日本国内では最もライトノベルとして有名であり、同業他社と比べてもその保有する作品数は圧倒している。
人気ある作家が数多く在籍しているレーベルであり、近年電撃文庫原作のライトのベルのアニメ化は増加の一途を辿っている。
また人気の高さから、作家志望の人が応募するコンテスト『電撃小説大賞』が新人作家たちの登竜門且つ最難関となっている。

富士見ファンタジア文庫

古参ライトノベルレーベルであり、電撃文庫が誕生する前から人気作品を多く輩出しており、現在では電撃文庫の次に人気の高い。
作品内容としてはファンタジー系を多く取扱っている。
新人賞として『ファンタジア大賞』が開催されており、業界内の新人賞としては電撃小説大賞の次に目指す人の規模が多い。

角川スニーカー文庫

古参ライトノベルレーベルの一つ。少年系のライトノベルが盛んな時期があり、ダークな世界観や、ゲーム的な作風が多かった時期がある。
同レーベルには女の子向けをターゲットにした『角川ルビー文庫』というものがあり、本来はスニーカー文庫として統一されていたが、1992年に独立する。
またライトノベルだけでなく、洋画、海外ドラマのノベライズの翻訳出版も手がけている。

MF文庫J

映画の小説化作品を初めとする日本国外の翻訳作品を中心に扱ってきた『MF文庫』のサブレーベルとして『日本』の英語、頭文字を接尾につけて命名された。
創刊時より全体取る税込み609円に統一され、緑色の背表紙が特徴的となっている。
2004年ごろよりオリジナル作品の人気が上がり、その三年後にはライトノベルレーベルとして確立を果たす。
近年のアニメ化作品が多いレーベルの一つでもある。

スーパーダッシュ文庫

集英社が放つレーベル。
1991年から刊行しているスーパーファンタジー文庫に対して、学園小説やスラップスティック形の作品を中心とすっレーベルとして。
同レーベルが請け負っていたファンタジーやSF系の路線も本レーベルが請け負うこととなる。

GA文庫

レーベルとしてはまだ誕生して時間がそれほど経っていない一つ。
少年向けというカラーを全面的に打ち出しておらず、少女小説に分類しうる作品も刊行している
レーベル名の『GA』とは何の略なのか未だに明かされていないが、諸説色々憶測を呼んでいる。
背表紙の色が白を基調としている。

ガガガ文庫

小学館が受け持つ、2007年に創刊されたレーベル。
レーベル内の作品傾向としてはかなり悪の強い作品が多く、ほかのライトノベルレーベルでは見かけない作品が多いことが有名。
また新しい試みとして日本の近代文学作品をライトノベル調に脚色する跳訳シリーズが開始されている。

ファミ通文庫

1998年7月18日からエンターブレインより創刊されているライトノベル系文庫レーベル
創刊当初はアスキーの子会社であったアスペクトより刊行されていたが、2000年のグループ再編により、発行元がエンターブレインより移った。
前身にいずれもアスペクト発行のログアウト冒険文庫・ログアウト文庫とファミ通ゲーム文庫がある。

HJ文庫

出版社ホビージャパンが2006年7月1日に創刊したレーベル
創刊当初、角川スニーカー文庫との区別が付きにくいとのことで不評を招き、刊行から半年後にはデザインが大幅にリニューアルすることになる。
レーベルとしては後発ではあるものの、日本国外に進出しており、台湾・倒立出版社と独占契約を締結する。

と、筆者が思うレーベルで最も有名どころを挙げてみた。
ライトノベル作者が増え続けている中で飽和状態が続いているものの、心霊探偵八雲はこうしたレーベルとはまた違ったジャンルとして扱われている。

お化け屋敷ベスト3!
福岡市のホームページ制作・SEO対策会社|メディアクロス株式会社は最上級のROI(投資対効果)を目指したホームページの企画制作会社です。プロデジタル職人を雇用し、常に最新の技術を習得し、クライアントへ結果のでるノウハウをご提供いたします。